購入時に考えるべきポイント(ミルの違いと選び方3)

img

購入時に考えるべきポイント

 どのミルを使用するにせよ、挽いた状態のを買ってきて冷凍庫などで保存するよりも確実においしいコーヒーを淹れられるようになることは間違いありません。

 ただ、購入したミルを実際に使用して満足のいくコーヒーを入れるためには、購入前に確認しておくべきポイントがいくつかあります。

  1. いつでも使用できるような置き場所はあるか

 せっかく買った高性能な電動ミルも、キッチンの棚などにしまっておいて使用するたびに出し入れする、となると、だんだんコーヒーを挽くことが、さらにはコーヒーを淹れること自体が億劫になってきてしまいます。

 電動式でも手動式でも、理想はいつでも手の届くところにすぐ使用できる状態で置いておけることです。

 特に電動ミルの場合はスペースはもちろん、電源コードを通すことも考えて配置を決めなければいけないため、しっかりとした計画が必要になります。

 ミルのサイズを調べ、電動式の場合はコードの流れを想定し、無理のない位置にスペースを確保してから購入するようにしましょう。

  1. 通常使用する挽き目はどれくらいか

 歯の形状によっては、得意な挽き目・苦手な挽き目、さらには挽くことのできない目というものもあります。

 例えばカット式は高機能ですが基本的には粗挽きが苦手ですので、フレンチプレス用の粉を挽くには不適切です。

 ブレード式は動かしている時間を長くすることである程度オールマイティに使用できますが、エスプレッソマシンイブリックで使用するような極細挽きまで細かくすることは難しいといえます。

 どんな器具を使用して淹れるのか、どんな味が好みなのかによって、求める挽き目は大きく変わってくるはずです。

 自分が通常使用する予定の挽き目を確認したうえで、それを問題なく得ることのできる方式の製品を購入しましょう。

  1. 手間を省きたいのか、雰囲気を味わいたいのか

 たとえば、出勤前の忙しい時間にコーヒーを飲みたいと思った場合、手動のミルでゆっくりと豆を挽いている時間などないはずです。

 逆に休日ののんびりとした朝に、丁寧にコーヒーを淹れるという雰囲気を味わうなら、電動ミルに豆を投入してスイッチオン、ではちょっと物足りないですね。

 自分自身が、いったいどんなシチュエーションでコーヒーを飲むのか、そのときに求められるのはスピードや効率か、雰囲気なのか、というのは意外と重要な問題です。

 ここをはずしてしまうと、せっかくのミルも次第にほこりをかぶっていってしまうかもしれません。

 よくシミュレーションした上で、自分の求めるコーヒータイムにあった方式のものを選びましょう。

ページの一番上に戻る