コーヒー用のドリップポットへお湯を移す(ドリッパーを使用したコーヒーの淹れ方3)

img

3.コーヒー用のドリップポットへお湯を移す

お湯が沸いたら火を止め、少し落ち着かせてからドリップ用のポットへ移します。
お湯の温度が高すぎるとコーヒー成分が一気に溶け出し、不必要なほど強い苦味や雑味が出てしまいます。
ケトルで沸かしたお湯をドリップポットに移すことで、お湯の温度をすばやく適温まで下げるのです。
ちなみに、この「適温」も人によって様々。
90度近くを指定している本もあれば、80度弱で淹れたほうがおいしいというサイトもあり、はじめて調べるとどれが正しいのか迷ってしまいがちですが、絶対的な正解というのはありません。
挽き方や使用する器具の組み合わせ、ドリップのときの癖、そして自分の好みなどから「自分にとっての適温」を探しましょう。
ポットが大きかったり冷えている、移したお湯が少ない、移すときにケトルの注ぎ口からポットまで高低差をつけ空気に触れる時間を長く取る、ケトルから細く注ぎ長めの時間をかけて移す、などの要因で温度が下がります。
ほんの数度の差でもかなり大きく味が変わりますので、料理用の温度計を使用して温度を合わせたほうが確実です。

ページの一番上に戻る