カッピング

img

コーヒーは豆の種類や産地、収穫後の処理の方法、そして焙煎の仕方や質によって大きく味わいが変わり、その違いを見つけるのも楽しみの一つと言えます。
しかし、実際にコーヒーを飲んでみても最初のうちは違いが分かりにくいものです。
通常通りの抽出方法では豆の全ての成分が均一に溶出せず、特徴が隠れがちになるのがその原因の一つです。
ドリッププレスなどの淹れ方ではまったく同じ豆を使用しているにもかかわらず味わいが不安定になりがちで、一杯目と二杯目の差が豆の違いによるものか抽出のぶれなのかが判断しづらい、ということもあるでしょう。

そのため、コーヒー豆の違いを判断する際には「カッピング」という、味わいや香りの違いを利き分けるための特殊な方式を使用します。
本来はコーヒー産業の関係者が豆のグレードを判断するための方法ですが、一般のユーザーが違いを知り、自分の好みの特徴を持つ豆を探し出すのにも役立ちます。
一つずつの手順を丁寧に行えばそんなに難しくはありませんので、ぜひトライしてみてください。

ページの一番上に戻る