大阪府|有名なカフェを訪ねる②

大阪府

大阪府

現在、全都道府県の中でもダントツで喫茶店の店舗数が多い都市です。
戦前は過激な接客を特徴とする特殊喫茶が興隆していましたが、戦後は個人経営の喫茶店が軒を連ねました。
小規模ながら今でも愛されている名店も多く、昭和の喫茶店文化の継承地といえるでしょう。

平岡珈琲店

住所 大阪市中央区瓦町3-6-11
電話 06-6222-4878
営業時間 [月~金] 7:30~17:00 [土]7:30~13:00
※日曜・祝日定休

1921年創業の、現在も営業を続けている中では関西圏で最も古い喫茶店です。
鍋で煮出したコーヒーをネルで濾すめずらしい抽出法を採用しており、サイフォン抽出に近いストロングながら後味のすっきりした味わいが特徴とのこと。
名物の手作りドーナツも、そんなコーヒーの味を引き立てる素朴なおいしさで、近隣のサラリーマンを中心として多くの常連客に愛されています。
席数が少なく、最近は観光ガイドで紹介されたからか外国人観光客も増えてきているそうで、カフェタイムには席の争奪戦状態になっているかも。
狙い目は土曜日の早朝ということなので、どうしても体験してみたい方は早起きをして訪ねてみましょう。

純喫茶 アメリカン

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-4 株式会社アメリカンビル
電話 06-6211-2100
営業時間 [月・水~日] 9:00~23:00 [火] 9:00~22:30
※木曜を中心として不定休

戦後すぐの1946年が創業の年という、バイタリティあふれる老舗純喫茶です。
「純喫茶」と銘打ってますが、酒類の提供も行っているあたり、型にとらわれない大阪らしいたくましさを感じます。
店舗は大阪市が主催する「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」にも選定されており、名実共に大阪の歴史を体現する存在になっているとのこと。
店内はとにかく豪華で派手な内装で埋め尽くされており、利用者の感想も「びっくりして酔いが醒める」「サイケデリック!」といった喫茶店の感想とは思えないものが多いようです。
生ジュースやミックスジュース、レモンスカッシュなどが並ぶ豊富なメニューは、確かに昭和感満載。
大阪における喫茶店文化を濃縮したようなお店と言えるでしょう。

マズラ喫茶店

住所 大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル B1F
電話 06-6345-3400
営業時間 8:00~23:00
※日曜・祝日定休

入り口に鎮座する等身大ジョニー・ウォーカー人形や、鏡・吊り照明を多用したバブル期のような内装など、個性派揃いの大阪の喫茶店の中でも一際異彩を放つお店です。
1970年、大阪万博開催の年に当時の世相を反映したスタイルで誕生し、その方針を保ったまま今も営業を続けているとのこと。
ブレンドコーヒーが一杯250円、ビール450円、ウイスキー350円という駅ビルの中とは思えないような価格設定で、その代わり人数以上の席に座るとテーブルチャージが必要だったりパソコンの使用、勉強、仕事などは禁止だったりと長時間の占有はお断りになっているようです。
その独特の空間は、座っているだけでだんだん日本にいることを忘れてしまいそうになる程。
なんと5人からのパーティ使用も受け付けているそうなので、普段とは違った不思議な空間で非日常感を味わいたい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ページの一番上に戻る