喫茶店という文化

img

現在はカフェと呼ばれることの多い「喫茶店」。
お茶、コーヒー、ジュースなどを軽食やお菓子と共に提供する飲食店、と定義されている喫茶店ですが、現在の形に落ち着くまでに様々な形式の変化を経てきました。
特に戦前から戦後にかけて、今のセルフサービス式のカフェが急増してくる直前までには、まさに喫茶店文化と呼ぶにふさわしいほどの多様性がありました。
今ではあまり見られなくなった、昭和様式とも呼ばれる喫茶店の歴史や文化などを、ちょっとだけ覗いてみましょう。

ページの一番上に戻る