喫茶店の器具、道具|喫茶店という文化

喫茶店の器具、道具top

喫茶店の器具、道具

サイフォン

アルコールランプの熱と蒸気圧を利用してコーヒー抽出する器具です。
下の密閉されたフラスコ内でお湯が沸くと、気化した水蒸気によって圧力が上昇。
ガラス管でつながった上部の容器にお湯が昇っていき、そこにはいっているコーヒー粉からコーヒーを抽出するという仕組みです。
その理科の実験のような不思議な動きが人気を集め、一部の喫茶店ではサイフォンを使用して目の前でコーヒーを淹れる事を売りにしているところもあったようです。
当時、一般的に喫茶店で使用されていたのは深煎りコーヒー豆で、高温で短時間に抽出する方式にはあまり向かなかったはずですが、それでもサイフォンは喫茶店のイメージの一部となるほど普及しました。
喫茶店が、日常的に利用する飲食店というよりは、非日常に触れられる空間として親しまれていたということを、良く表す器具であると言えるでしょう。

ネルドリップ

綿でできた布の袋を使用して行うドリップです。
ペーパーフィルターをセットして使用する三角ドリッパーよりも技術が必要ですが、雑味成分などがしっかり濾過されるため、よりマイルドな仕上がりになるとされています。
また、ネルは使い捨てるのではなく繰り返し使用するため、しっかりとした手入れが必要な、初心者には扱いにくい器具であるという側面もあります。
そのため、ネルドリップでコーヒーを入れるお店は当時の喫茶店の中でも特に強いこだわりを持つ店として評価され、コーヒー好きから一目置かれることとなりました。
現在でも、ネルドリップでなければ表現できない味を求めてこだわり続けるお店は少なくなく、それを支持する客たちも通常より熱心なファンである傾向があるようです。

ページの一番上に戻る