コーヒー器具販売|コーヒー関連の仕事③

コーヒー器具販売top

コーヒー器具販売

コーヒーを抽出したり飲んだりするコーヒー用品を販売するのも、忘れては行けない大事な関連職業です。
いろいろな会社がありますが、大きく分けて「メーカー」と「小売」に分類できるでしょう。

コーヒー器具のメーカーは、カフェ向け、もしくは一般向けのコーヒー関連用品を製造・販売する会社です。
各地のカフェなどプロへの販売、小売店を通しての一般への販売、そして新しい器具やグッズの開発などが主な業務になります。
コーヒーの抽出は簡単でありながら奥が深く、まだまだ新しい研究があらゆる方向へ進められています。
また、コーヒー豆の品種や焙煎のトレンドが移り変わることで、求められる機能や形状も変化するため、コーヒーが飲まれ始めてから数百年経った今も、新商品の開発の需要がなくなることはないのです。
開発に携わるには、工学、化学、栄養学などの高いスキルが必要だと予想されます。

小売業は、これらの器具を主に一般の人々向けに販売する仕事になります。
デパートなどのカフェ用品コーナーや、コーヒー専門店などがこれに該当します。
一つずつの機能の説明はもちろん、同じような製品の違いについても理解していなければいけないため、扱う商品の数が多くなるほど覚えることが増えていき、しかも新製品が入るたびに知識を更新し続けなければなりません。
ある程度体系化していくことで無難にこなすこともできますが、深く理解しようと思えばどこまででも追求することのできる、終わりのない努力が求められる仕事といえます。
でも、コーヒーに対して興味を持ち始めた人や、よりよい一杯のための道具を探しにきた人に、最適なものを示して導くことにやりがいを感じられるのであれば、その努力もつらくは感じないのではないでしょうか。

一般的な接客スキルや知識があれば応募できる求人がほとんどのはずです。
大きなお店の場合、自分の希望する売り場を担当できるとは限らないので、面接などでよく確認し、自分の希望を伝えておきましょう。

まとめ

  • コーヒー器具に関する仕事は、「メーカー」と「小売」がある
  • 器具のメーカーでは、いまでも時代に合わせたコーヒーの味を引き出す研究や、新しい製品の開発が行われている
  • 小売業は新製品や各種器具の違いなど、知識を常に最新のものにアップデートし続けねばならない仕事だが、一般層にただしい道具と知識を伝える重要な仕事でもある
ページの一番上に戻る