コーヒーソムリエ|コーヒー関連の資格③

コーヒーソムリエtop

コーヒーソムリエ

「日本安全食料料理協会(JSFCA)」が定める認定資格で、以前はコーヒーアドバイザーという名称でした。
「コーヒー豆、コーヒーの産地や種類、美味しい生豆の見分け方、焙煎についてなど、コーヒーを選び、楽しむための知識」が認定試験の範囲とされ、コーヒー関連の仕事に従事する人はもちろん、一般のコーヒーファンにとっても身につけておきたいレベルといえます。
そのため、受験資格は「特になし」となっており、業界関係者でなくとも試験を受けることが可能です。
身につけた知識を試し、体系立てて理解するために、挑戦してみるのも良いかもしれませんね。
なお、JSFCAではこのほかにも「カフェオーナースペシャリスト」「紅茶マイスター」など飲食に関連するいろいろな認定試験を行っているようです。

ページの一番上に戻る