エアロプレス

img

エアロプレスは、2005年にフランスで発明された、コーヒーを入れるためのものとしては比較的新しい道具です。
注射器のような形状をしていて、空気圧を使用して通常のドリップコーヒーよりも濃いコーヒーを淹れることができます。
実際、エスプレッソ式に使用されるような細挽きの粉を使用して抽出濾過するため、豆の様々な成分を一気に溶かし込んだ濃い味わいになるとのこと。
ただ、一部のメーカーが謳っているような「手動で簡単にエスプレッソが淹れられる」というものではなく、あくまで「濃いドリップコーヒー」にとどまるようです。

構造

プラスチック製の注射器のような形状で、コーヒー豆とお湯を投入するチャンバーと押し込んで空気圧をかけるプランジャーとに分かれています。

チャンバーの底部にはフィルターを取り付けることができ、カップなどにセットして使用します。
フィルターには使い捨ての紙製のものが使用されていることが多いようです。

プランジャーの先端にはゴムなどが取り付けられ、チャンバーに差し込んで押し込むことによりチャンバー内の空間に圧をかけることが出来るようになっています。

エアロプレスを使用したコーヒーの淹れ方

エアロプレスの各部品ごと分解図
  1. チャンバーの底部にフィルターを取り付け、カップなどにセットする
  1. チャンバー内に挽いたコーヒー豆とお湯を投入し、軽く攪拌し抽出する
  1. チャンバー上部からプランジャーを差込み、十分な時間が経過したら圧力をかける
  1. チャンバー内の空気が圧縮され、その圧力でフィルターを通過してコーヒーがカップ内におりてくる

エアロプレスを使用したコーヒーの淹れ方(倒置法)

  1. チャンバーにプランジャーをセットし、ひっくり返して平らな所へ置く
  1. チャンバー内に挽いたコーヒー豆とお湯を投入し、軽く攪拌し抽出する
  1. 十分な時間が経過したら、フィルターをセットし、カップなどの上に立てる
  1. プランジャーを押し込むとチャンバー内の空気が圧縮され、その圧力でフィルターを通過してコーヒーがカップ内におりてくる

特徴

フレンチプレスとちょっと似ていますが、より細かいフィルターを通過させて一気に濾過してしまうところが特徴です。
そのため、フレンチプレスでは粗引きの豆を使用するのに対して、エアロプレスではエスプレッソで使用されるような極細挽きの豆を使用します。
粗引きや中挽きではあらわれないような抽出されづらい成分まで味わうことができ、しかもペーパーフィルターなどを使用しているためフレンチプレスのようににごりのないすっきりしたコーヒーになるようです。 ドリッパーよりストロングでありつつもクリアな風味を求める方にはおすすめの方式といえるかもしれません。
ただし、雑味が出やすいタイプの豆には向いていませんので、使用する豆を選ぶ道具でもあります。
前述の通りエスプレッソとは機構そのものが異なるため、エスプレッソ系のドリンクを作るためには使用できません。

ページの一番上に戻る