コーヒーと美容(デメリット)

コーヒーと美容(デメリット)

コーヒーと美容(デメリット)

どんなものでもそうですが、摂りすぎはかえって害となってしまうものです。
特に、自律神経や内分泌系に働きかける効果があるコーヒーは、過剰に摂取すると美容に良いどころか望まない副作用を発揮してしまう可能性もあります。
体質やタイミングなど、気をつけるべきポイントをいくつか紹介します。

鉄分やカルシウム吸収の阻害

コーヒーに含まれるカフェインはカルシウムの対外排出を促し、タンニン(ポリフェノール)は鉄分の吸収を阻害します。
どちらも常識的な量のコーヒーを健康な人が飲む分には問題ない程度の作用ですが、もともと貧血気味の人や、骨密度の低くなっている高齢者などは飲み方に注意が必要な場合もあるようです。
美容のためとコーヒーを飲んで、その結果として重い貧血に悩まされたり骨や歯に不安を抱えてしまっては本末転倒です。
おいしく飲める量以上にがぶ飲みしないようにするのはもちろん、気になる方は他のカフェイン含有物との併飲を避けたり、食事の直前直後のコーヒーを控えるようにしましょう。
食後のコーヒーが飲めないなんて!という方は、ディカフェにするだけでもかなり違うようですよ。

食欲増進、胃液分泌の促進

コーヒーは胃や腸を刺激して消化液の分泌を促すため、食欲増進の効果があります。
それ自体はとても良い作用と言えますが、ダイエット中はあまり効きすぎるのも困ります。
また、カフェインには覚醒作用があるため、夜に飲むと本来あるべき眠気まで阻害されてしまう可能性があります。
睡眠開始の時間や睡眠量は美容を語る上ではずせない重要な要素です。
さらに、ついつい夜更かしした結果暴飲暴食、なんてことになったら逆効果どころではありませんね。
空腹時や睡眠開始の直前には避ける、どうしても飲みたい場合はディカフェの豆にするなど、状況に合わせた飲み方を心がけましょう。

ページの一番上に戻る