ミルのお手入れについて(ミルの違いと選び方4)

img

ミルのお手入れについて

こうして検討を重ねて、ついに自分の求めるミルを購入することができたら、あとは楽しむだけです。
どんどん色々なコーヒー豆を挽いてみましょう。
でも、最初のうちだけでなくずっとおいしいコーヒーを楽しみたいのであれば、ミルのお手入れは欠かすわけにはいきません。

どの方式のミルでも、使用すると内部に落ちきらなかったコーヒーの粉のかけらや微粉が溜まっていきます。

これをあまり長い期間放置すると、酸化して悪臭の元となるだけでなく、含まれるで主に金属製の部品が劣化してしまう可能性もあります。
毛の硬い刷毛のようなもので、できれば一回ごとにざっと粉を落とすようにしましょう。

あまり細かい部分の粉まで神経質に落とす必要はありません。
刷毛は、各メーカーが専用のものを出しているほか、専門店などに行くと形状別に効率よく掃除できるものが売られていますので、そちらを利用しても良いでしょう。
毎回ちょっとした掃除をするだけで、汚れがこびりついてしまうという事態はかなり避けられるはずです。
それでも繰り返し使用するうちに刷毛では取れない汚れが目立つようになってきたら、一度分解して洗います。

洗剤を使用すると匂いが移ってしまい、油膜を必要以上に落として錆の原因となることもありますので、やわらかいスポンジとぬるま湯だけでさっと洗いましょう。
洗った後は良く水気を切り、乾いた布などでしっかりと拭いてから組み立て直します。

食洗機の乾燥機能を使用してもいいかもしれません。
金属製の歯は錆に、セラミック製の歯は落として割ってしまわないように注意してください。
電動ミルは分解して良い部分と、専門家以外は触らないほうが良い部分が分かれています。
たいていは説明書に注意書きとして記載されており、特に危険な部分については本体にも警告が貼り付けられていますので、うっかり開いてしまうことはないはずですが、掃除に夢中になって開いてしまった、なんてことのないように気をつけましょう。
分解できる部分だけでは解決できない問題や汚れが発生した場合には、メーカーに相談すると修理などを受けてつけてくれるはずです。

こうして大事に使用しているうちに、コーヒーを淹れるために欠かせない相棒として愛着がわいてくるでしょう。
その頃には自分の好みに合わせてコーヒーを淹れる知識や技術も身につき、より楽しいコーヒーライフを手に入れているはずです。

ページの一番上に戻る