各国の等級と条件:標高|コーヒー豆の格付けについて2

img

グアテマラ

グアテマラでは生産地の標高によって7段階で格付けされています。
(下記表は上に書かれているものほど高品質)

グアテマラ
主な表記 読み 条件
SHB STRICTLY HARD BEAN/
ストリクトリー・ハード・ビーン
標高約1400m以上
HB HARD BEAN/
ハード・ビーン
標高約1200m以上約1400m未満
SHB SEMI HARD BEAN/
セミ・ハード・ビーン
標高約1050m以上約1200m未満
EPW EXTRA PRIME WASHED/
エクストラ・プレミアム・ウォッシュト
標高約900m以上1050m未満
PW PRIME WASHED/
プレミアム・ウォッシュト
標高約750m以上900m未満
EGW EXTRA GOOD WASHED/
エクストラ・グッド・ウォッシュト
標高約600m以上750m未満
GW GOOD WASHED/
グッド・ウォッシュト
標高約600m未満

なお、国外でレギュラーコーヒーとして出回るものは主にPW以上とされています。

コスタリカ

コスタリカでは標高と、太平洋側斜面か大西洋側斜面かでグレードが分けられています。
(下記表は表ごとに上に書かれているものほど高品質)

太平洋側
主な表記 読み 条件
SHB STRECITY HARD BEAN/
ストリクトリー・ハード・ビーン
標高約1200m以上約1650m未満
GHB GOOD HARD BEAN/
グッド・ハード・ビーン
標高約1000m以上約1200m未満
HB HARD BEAN/
ハード・ビーン
標高約800m以上1000m未満
太平洋と大西洋の間
主な表記 読み 条件
MHB MEDIUM HARD BEAN/
ミディアム・ハード・ビーン
標高約500m以上1000m未満
大西洋側
主な表記 読み 条件
HGA HIGH GROWN ATHLANTIC/
ハイ・グロウン・アトランティック
標高約900m以上
MGA MEDIUM GROWN ATHLANTIC/
ミディアム・グロウン・アトランティック
標高約600m以上900m未満
LGA LOW GROWN ATHLANTIC/
ロウ・グロウン・アトランティック
標高約150m以上600m未満

基準標高以下のものは、国内消費用コーヒー豆かもしくは格付けなしの低価格商品として販売されていると思われます。

ニカラグア

ニカラグアでは産地の標高によって4段階に格付けされています。
(下記表は上に書かれているものほど高品質)

ニカラグア
主な表記 読み 条件
SHG STRICTLY HIGH GROWN/
ストリクトリー・ハイ・グロウン
標高約1500m以上
HG HIGH GROWN/
ハイ・グロウン
標高約1300m以上1500m未満
MG MEDIUM GROWN/
ミディアム・グロウン
標高約1000m以上1300m未満
LG LOW GROWN/
ロウ・グロウン
標高約1000m未満

メキシコ

メキシコでは、生産地の標高によって3段階に格付けされますが、二種類の基準が混在しているようです。
(下記表は表ごとに上に書かれているものほど高品質)

ひとつは次の3段階

メキシコ1
主な表記 読み 条件
AL ALTURA/
アルトゥーラ
標高約1300m以上
PL PRIMA LAVADO/
プリマラバド
標高約900m以上約1300m未満
BL BUEN LAVADO/
ブエンラバド
標高約750m以上約900m未満

もうひとつは次の3段階

メキシコ2
主な表記 読み 条件
SHG STRIETHY HIGH GROWN/
ストリクトリー・ハイ・グロウン
標高約1700m以上
HG HIGH GROWN/
ハイ・グロウン
標高約1000m以上1700m未満
SD STANDARD/
スタンダード
標高約1000m未満

標高を見ると分かるように、二つの基準に互換性はありません。

パナマ

パナマでは生産地の標高によって3段階に格付けされます。
(下記表は上に書かれているものほど高品質)

パナマ
主な表記 読み 条件
SHB STRICTLY HARD BEAN/
ストリクトリー・ハード・ビーン
標高約1350m以上
HB HARD BEAN/
ハード・ビーン
標高約1050m以上約1350m未満
EPW EXTRA PRIME WASHED/
エクストラ・プライム・ウォッシュト
標高約900m以上1050m未満

エルサルバドル

エルサルバドルでは生産地の標高で3段階に格付けをしています。
(下記表は上に書かれているものほど高品質)

エルサルバドル
主な表記 読み 条件
SHG STRICTLY HIGH GROWN/
ストリクトリー・ハイ・グロウン
標高1200m以上
HG HIGH GROWN/
ハイ・グロウン
標高900m以上1200m未満
CS CENTRAL STANDARD/
セントラル・スタンダード
標高未満600m以上900m

ホンジュラス

ホンジュラスでは農地の標高で3段階に格付けされています
(下記表は上に書かれているものほど高品質)

ホンジュラス
主な表記 読み 条件
SHG STRICTLY HIGH GROWN/
ストリクトリー・ハイ・グロウン
標高1200m以上
HG HIGH GROWN/
ハイ・グロウン
標高900m以上1200m未満
CS ENTRAL STANDARD/
セントラル・スタンダード
標高未満600m以上900m

どの国も7~3段階で高地ほどグレードが高くなっており、まったく同じではないものの表現も似通っているためそこまで混乱をきたすものはないでしょう。
ただ、2種類の規格が使用されているメキシコや、太平洋側斜面か大西洋側斜面かで格付けが別れるコスタリカは注意が必要です。
慣れるまでは「ストリクトリーとついていたら最高ランク!」ぐらいの感覚でも良いかもしれません。

ページの一番上に戻る