コーヒーを購入する|屋外でコーヒーを楽しむ3

img

コーヒーを購入する

当たり前のことですが、無理に持ち出したり外で淹れたりしなくても、近隣で販売されているコーヒーを購入すれば野外でも簡単にコーヒーブレイクを楽しむことができます。

スターバックスやタリーズなどシアトル系エスプレッソスタンドでは、気軽にテイクアウトができるようになっています。
しっかりと閉めれば少しくらい揺らしても中の液体がこぼれにくいフタがかぶせられ、熱めのホットドリンクの場合は持ちやすいように厚紙でできた「スリーブ」をつけてくれるなど、テイクアウトでもストレスの少ないデザインになっているため、飲み歩きでもストレスなくドリンクを楽しめます。

また、オリジナルデザインのタンブラーが販売されていることも多く、その場で購入したり持ち込んだりしてコーヒーを詰めてもらうこともできます。
季節ごと、イベントごと、そして都市ごとに異なるデザインの製品が限定で販売されるため、数十個ものタンブラーを収集する熱心なファンもいるそうです。
またこれらのお店では、シャーベット状の氷と混ぜ合わせたドリンクや、各種のシロップ、トッピングを使用したレシピなど、自宅ではなかなか作ることのできないカフェドリンクも販売しているので、季節や気分に合わせていろいろなバリエーションのコーヒーを楽しむことができます。

近年急激に発達したコンビニコーヒーもまた、注目すべき製品の一つと言えるでしょう。
コンビニの店頭で気軽に購入することができることや、何時間も煮詰められたものではなく(店によって多少異なりますが)注文ごとに一杯ずつコーヒー豆から抽出すること、そして一杯当たり100円前後という価格設定などから、いまや全国的に受け入れられた商品となりました。
大量生産型のコーヒー豆を使用し、コーヒーマシンで10秒ほどで一気に抽出するものが多いため、味や香りは当然ながらカフェなどのドリップコーヒーに比べるとやや劣りますが、価格的にもシチュエーション的にも十分満足のいく水準であると言えるでしょう。
忙しいビジネスマンや学生など、コンビニを日常的に利用している人々にとっては、もっとも身近なコーヒーなのかもしれません。

「コーヒーそのものである必要はなく、それっぽいものを飲めればよい」という方なら、缶コーヒーやパックのコーヒー飲料などはいかがでしょう。
もっとも、これらはもはやコーヒーを原料とした別の飲み物と言った方が正しいのかもしれません(ブラックコーヒーですら、香料が入ってる製品がほとんどです) 日本では世界的にも類を見ない勢いでこれら「コーヒー飲料」の進化と普及が進んでおり、逆に本来のコーヒーのシェアを大きく食ってしまっている感すらあります。
余程の僻地でなければ、今いる場所から半径数百m以内で購入することができ、メーカーも味の種類も選び放題。
屋外でコーヒー(っぽい飲み物)を飲みたいと思い立ったとき、一番手軽で確実な方法と言えるでしょう。

ページの一番上に戻る