カフェ店員、マスター|コーヒー関連の仕事①

カフェ店員、マスターtop

カフェ店員、マスター

コーヒー関連のお仕事として最初に思い浮かぶものといえばこれでしょう。
おしゃれなカフェでの接客やドリッパーを使用した抽出など、いかにもプロっぽい仕事にあこがれる方も多いのではないでしょうか。
アルバイトなどでカフェのフロア係をやるのであれば、必要な資格や経験はさほど多くありません。
気持ちのよい笑顔や受け答えができ、清潔感のある身なりを整えられれば未経験でも採用してくれるカフェは多いでしょう。
ただ、地域によっては希望者数が求人数を大きく上回るケースも多く、採用されるかどうか、というより求人を見つけられるかどうかも時の運となる場合も少なくありません。
お仕事の内容としては、フロアでの接客や商品の上げ下げ、フロアの掃除、整理整頓、簡単な調理などがあり、お店によって任される範囲はまちまちです。
「コーヒーを上手に淹れられるようになりたい」という動機で働き始めたのに、実際働いてみたら接客しかさせてもらえない、なんてことがないよう、求人の内容を良くチェックし、面接時などにも確認しておきましょう。

カフェのマスターとして働くには、自分自身でお店を開くか、自分ではお店に出ないオーナーにお店を任されるかする必要があるため、店員として働くよりはハードルが上がります。
自分で開業する場合は初期費用として数百万円の準備金が必要になる上、経営が軌道に乗るまでの生活費なども必要になります。
人に任せてもらう場合は、フランチャイズのオーナー制度を利用するか、年齢などの事情で引退する方のお店を引き継ぐなど、運も含めた難しい条件をクリアする必要があります。
ライフスタイルや働き方の変化から、ただでさえ年々カフェの店舗数が減少している今の日本において、個人経営のカフェが順調に長年営業していける可能性はあまり高くはありません。
でも、やはり自分の考え方やセンスで、思い通りのカフェを経営するというのは、非常に魅力的な働き方と言えるでしょう。
目指すカフェのイメージにもよりますが、取得が難しい資格などは特にありません。
ただし、こなさなければいけない業務は多岐にわたり、特に個人経営の場合はコーヒー関連や接客などの仕事はもちろん、経理や仕入れ、材料や消耗品の管理、人を使う場合は人材教育などの能力も必須になります。
税金を含む法律の知識もいるため、事前の入念な準備が肝心であると言えるでしょう。

まとめ

  • カフェの店員やマスターはコーヒー関連の仕事のメインであり、憧れる人も多い。
  • 店員はアルバイトなどでもなれるため、全体的なハードルは低い。
    ただし求人倍率が高い可能性があり、思うとおりの仕事ができない可能性も。
  • カフェのマスターは自分で開業するか人に任されるかしなければならず、気軽になれるものではないが、それでも魅力的な仕事といえる。
ページの一番上に戻る