コーヒー豆流通関連|コーヒー関連の仕事②

コーヒー豆流通関連top

コーヒー豆流通関連

飲み物としてのコーヒーよりも、コーヒー豆に深く関わるお仕事がしたければ、流通に関するお仕事を探すという手もあります。
コーヒー豆は生産者から国外のバイヤー、輸入専門業者、商社などを通して日本に入り、中間卸業者や大規模ロースターなどを中継してカフェへとやってきますので、自分のスキルや興味に合わせて求人を探してみると良いでしょう。
中でも特に、国外へ直接出向きコーヒー豆の買い付けをしたり生産者と交渉する輸入業やバイヤーは、コーヒーという魅力的な飲み物の原点を探ることができるという独特のメリットがある仕事です。

仕事ができるレベルの外国語など高いスキルが必要になる上、求人自体がかなりレアではありますが、他の仕事では絶対に味わえない体験をいくつもすることができるはずです。

またそこまで思い切らずとも、国内での橋渡しをする中間卸やカフェ向けのロースターなどの仕事でも、コーヒー豆に深く関わることができます。
世界中の豆を集め、品質をチェックし、各カフェへ届ける役割を担うこれらの仕事は、一箇所の生産地や一つの品種ではなく、世界全体のコーヒー豆の生産量や流行などを見渡すことができます。
コーヒーという作物・商品を通じて、現在の世界情勢も垣間見ることになるかもしれません。
そして、その中から自分が薦めたい銘柄を決めてカフェへと説明し販売するのは、とてもやりがいのある仕事と感じられるのではないでしょうか。
「地域名+コーヒー豆 卸」などのワードで検索することで、いくつも会社が見つかりますので、まずは具体的にどんな考え方で経営されているかなどをチェックしてみましょう。

まとめ

  • コーヒー豆の流通に携わる仕事もいろいろな段階のものがある
  • 海外で直接生産者や現地の会社から買い付ける仕事は、必要能力も求人もレアだが他にはない体験ができる
  • 国内の流通に関する会社の業務は、コーヒーを通して世界を感じ、その中から販売したい銘柄を決める大きなやりがいを感じられる仕事
ページの一番上に戻る