カフェを楽しむ②:他のメニューも試してみる|カフェを楽しむ8

img

カフェを楽しむ②:他のメニューも試してみる

ストレートコーヒーにせよブレンドにせよ、ホットのコーヒーを頼んだ場合、使用する抽出器具はどの豆でも固定になっているのが普通です。
でも、中には抽出方式を選ばせてくれたり、豆によって使い分けているお店もあるようです。
昔ながらのペーパードリップネルドリップ、最近目立つようになってきているフレンチプレスエアロプレスなどのプレス系のコーヒー、ショー的な要素も楽しめるサイフォン、レアなイブリック(ターキッシュコーヒー)やマキネッタなど、同じコーヒー豆でも使用する器具によって味も香りも大きく変わってきます。
もしお気に入りのカフェにこれらのメニューがあったら、ぜひいろいろと試してみてください。

ドリップコーヒー以外でチャレンジしておきたいメニューといえば、まずはエスプレッソ系のドリンクでしょう。
最近は小型なのにパワフルで高性能なエスプレッソマシンも業務用にたくさん開発されており、小さなカフェでもエスプレッソドリンクが飲めるところが増えてきているようです。
これは、スターバックスなどシアトル系チェーン店の増加により、カフェラテを始めとするエスプレッソドリンクが一般に受け入れられるようになったのも大きいかもしれません。
新鮮で良質なコーヒー豆のうち適したものを使用し、プロの技で丁寧に淹れられるエスプレッソは、気軽に飲むスタンドのそれとはまた一味違った本格的なおいしさです。
なかには絶妙な技によって生み出される様々なラテアートを売りにしているカフェもありますので、ホームページやSNSなどをチェックしてトライしてみても良いかもしれません。

ドリンク以外では、フードメニューも見逃せません。
コーヒーは紅茶やワインなどと同じように、他の食べ物とのマリアージュ(食べ合わせ)を楽しめる飲み物。
ましてやおいしいコーヒーのために並々ならぬ技術と情熱を注ぐ専門店で、コーヒーに合わないフードを出すわけがありません。
もっとも、最近はカフェもコンセプトごとにすみわけが進んでいるので、コーヒーに注力しているお店ではちょっとした軽食程度のものしか置いていないところもあります。

でも、逆にコーヒーにはさほど興味がない人でも通いたくなってしまうような、驚くほどおいしいフードを出してくれるカフェもあるのです。

また、昔ながらのタイプの喫茶店であれば、サンドイッチやナポリタンスパゲティなど、喫茶店文化をしのばせるメニューにチャレンジしてみるのも良いでしょう。
味の良さよりもノスタルジーから一定のファンがいるメニューとみなされがちですが、しっかりと作ってくれるお店で食べると、予想以上のおいしさに驚きます。
そして、これがコーヒーにもぴったりとマッチすることが多いのです。
是非一度、ちょっと遠出してでもチャレンジしてみることをおすすめします。

ページの一番上に戻る